竹中司法書士事務所
Home 事務所案内 リンク ご相談・お問合わせ
ご相談・お問合わせ
不動産登記
所有権移転(売買、贈与・遺贈、相続)
売買を原因とする所有権移転登記は、単純にAさんの不動産をBさんが購入するといったもので、ごく一般的な「所有権移転」の原因です。
当該不動産の所有者が完全にAさんからBさんに移ったことを第三者に証明するために必要な登記です。
現在の所有者が複数人いる場合は、それぞれ共有者となり、共有者一人の持分のみを売買で移転することはできます(持分移転)が、買主は完全な所有権を移転してもらわないと様々な制限を受けることとなりますので、通常は売主全員の売渡の意思が必要です。その場合の登記の目的は「共有者全員持分全部移転」となります。
詳しくはご相談ください。
お問合わせ
所有権移転(売買、贈与・遺贈、相続)
贈与を原因とする「所有権移転登記」は、AさんがBさんに無償又は負担付きで当該不動産を贈与するもので、以下,脳綵劼靴燭海箸汎韻犬任后
ただし、贈与の場合は、売買と違い贈与税の心配があります。
相続時精算課税の適用の有無や、贈与税額の把握といったところが必要になってきます。
詳しくはご相談ください。
お問合わせ
所有権移転(売買、贈与・遺贈、相続)
相続を原因とする所有権移転登記は、亡くなったAさんの不動産を相続人が取得するためのものです。相続には、ヽ徳蠡蛙佑法定の相続割合で相続する「法定相続」と各相続人全員の協議のもと特定の相続人や法定相続割合と違う割合で相続する「遺産分割による相続」の2種類があります。遺産分割は、法定相続をした後にも行うことが可能です。
相続登記を行うには、被相続人の出生から死亡までの戸籍や相続人の戸籍及び住所を証する書面等が必要となります。相続放棄をした方や、特別受益者等がいる場合は、その証明書も必要となります。
また上記△琉篁妻割による相続登記を行うには上記の書類に加え、遺産分割協議書及び相続人全員の印鑑証明書が必要となります。
詳しくはご相談下さい。
お問合わせ