竹中司法書士事務所
Home 事務所案内 リンク ご相談・お問合わせ
ご相談・お問合わせ
不動産登記
抵当権設定
住宅ローンなどの借入れを行った際等に、その債権を担保する権利の登記です。
抵当権を設定できる権利は、所有権・地上権・永小作権・採石権です。
担保できる債権の種類は、金銭債権や売買代金債権が典型的ですが、その他様々な債権を被担保債権として抵当権を設定することができます。
債務者の上記被担保債権に基づく債権者への支払が不能となった場合に備えて、担保として不動産に設定しておき、債権を保全しておく登記です。支払不能後は、抵当権者の裁量によりますが、担保実行をし、競売にかけ、債権を回収することになります。
以下一般的な抵当権設定登記の例をあげます。
・銀行融資を受け、ご自宅等を新築・増築された場合
※住宅用家屋の場合は、登録免許税が軽減されます。
・これまでの住宅ローンを新たに借換えされた場合
※借換えの場合は住宅用家屋でも登録免許税の軽減はありません。
・事業用資金を銀行から借入れした場合
お問合わせ
抵当権設定
根抵当権も抵当権の一種ですので、債権を担保する権利の登記となりますが、根抵当権は抵当権と違い、被担保債権が、‘団蠅侶兮嚇取引契約によって生ずる債権及び一定の種類の取引によって生ずる債権 特定の原因に基づいて継続して生ずる債権及び手形上もしくは小切手上の債権となります。
主に、債務者と根抵当権者との継続的取引を前提とした登記となります。
根抵当権設定時には、住宅用家屋の登録免許税の軽減はありません。
上記登記以外にも不動産担保の種類は多々ありますので詳しくはご相談ください。
お問合わせ